サーフでのヒラメ用リールの選び方

サーフでのヒラメ用リールの選び方 ヒラメ釣り
サーフでのヒラメ用リールの選び方
この記事は約11分で読めます。

【 2019年版に更新しました 】

こんにちは、もんもたろうです。

毎年、春の陽気を感じるようになるとヒラメシーズンの到来を意識してしまいます。
そして、その時期になると釣り道具をニューリアルしたくなってきます。
しかし、嫁さんにとっては投げ竿もルアーロッドも同じ竿。
ロッドやリールを更新する道のりは長く険しいものになります。
しかし、なかなか諦められません。毎年しっかりカタログはチェックします。
これもいいなぁ~、あれもいいなぁ~と夢を膨らませていきます。

そして、そのままシーズンオフを迎えます(笑)

さて、前回はサーフでのヒラメ用ロッドの選び方について簡単にご紹介させて頂きましたが、今回はヒラメ釣りに適したリールについても考えたいと思います。

スポンサーリンク

サーフでのヒラメ用リール選びのポイント

ヒラメ釣りに限りませんが、リールを選ぶ際のポイントは主に「番手(大きさ)」「重さ」「巻き取り長さ」「ドラグ性能」「ライントラブル回避」があります。
(ドラグ:釣り糸にある負荷以上の力がかかった際に、糸が切れないようにリールが勝手に糸を出して負荷を逃がしてくれる機能のこと)

今回はサーフでのヒラメ釣りにおいてリールに求められる性能を確認していきましょう。

リールの番手(大きさ)

番手とはリールの大きさを示す指標であり、数字が大きくなるほどリールは大きくなります。

下記の「サーフでのヒラメ用ロッドの選び方」にてお勧めさせて頂いた10~11ftのロッドならば、3000~4000番のリールが大きさ的にマッチします。

サーフでのヒラメ用ロッドの選び方
サーフで使用するヒラメ用ロッドで重要視したいポイントや財布にやさしいお勧めロッドを紹介しています。

リールはダイワかシマノのどちらかから選べば良いと思いますが、ダイワとシマノでは同じ番手のリールでも大きさが違うので注意が必要です。

ダイワならば3000番台、シマノならば4000番台を選ぶのが良いです。

あと確認しておきたいのはスプールにラインを巻いておける量です。
(スプール:リールで釣り糸が巻かれる部分のこと)
サーフでのヒラメ釣りではPEラインを使用しますが、1.5号のPEラインを150m以上巻ければ問題ありません。

先ほどご紹介しました番手のリールなら基本的には問題ないと思います。

・10~11ftのロッドに対してバランスが良いリールは3000~4000番台
・ダイワのリールなら3000番台 
・シマノのリールなら4000番台
・1.5号のPEラインを150m以上巻ける

 軽量化されたLTモデルは従来のリールよりも小さめとなっているので、LTモデルの場合は4000番台が最適です。

リールの重さ

サーフでのヒラメ釣りはルアーを投げる→回収→投げる→回収の繰り返し作業です。

疲労軽減の観点でリールは軽い方が良いです。

リールの重さは300g以下を目安にするのをお勧めします。

なお、上位機種ほど軽量化されている傾向にありますので、お小遣いに余裕がある方は250g前後を狙いたいところです。

巻き取り長さ(巻き上げスピード)

巻き取り長さとはリールのハンドルを1回転させた際に回収できる釣り糸の長さのことです。この巻き取り長さが長いものをハイギアタイプ(通常はノーマルギアタイプ)いいます。

サーフでのヒラメ釣りではハイギアタイプをおすすめします
ハンドル1回転あたりの巻き取り長さは95cm以上がおすすめです。

ハイギアタイプの最大のメリットは、その名の通り巻き取りスピードが速いことにあります。

  • ハイギアタイプのメリット1

サーフでのヒラメ釣りにおいては、ルアーを投げる→回収→投げる→回収の繰り返しです。
圧倒的にリールを巻いている時間が長くなりますので、ハイギアタイプの方がストレス無く釣りができます。

  • ハイギアタイプのメリット2

サーフでは常に波が打ち寄せてきますが、その状況でもしっかりルアーを泳がせてヒラメにアピールする必要があります。

例えば、浮くタイプのルアーをキャストすると海面に浮き、そして波に乗りますが、打ち寄せる波よりも遅いスピードで糸を回収してもルアーは波間に漂うだけでしっかり泳いでくれません
ルアーが泳がないということは、すなわちヒラメが釣れません。

よって、サーフではルアーコントロールの観点でもハイギアが適しています。

  • ハイギアタイプのメリット3

ヒラメがヒットしてから岸に近づいてくると、押し寄せる波にヒラメが押されラインのラインのテンションが緩んでしまう(糸がたるむ)ことがあります。

ヒラメとのファイト中に糸がたるんでしまうとフックアウトしてしまう場合があります。
ハイギアだと巻き取り速度が速いため、糸のテンションを保ちやすいメリットがあります。

ちなみに、ノーマルギアタイプのメリットをザックリ挙げますと、①巻き心地が軽い、②ゆっくりとしたルアーコントロールがし易いといったところかと思います。

①についてはひと昔前ならいざ知らず、私は今のハイギアタイプで巻き心地にストレスを感じたことはありませんので、心配はいらないかと思います。

②については、ハイギアタイプでもテクニック次第で十分対応可能ですし、巻き取り長さが短い方がサーフではデメリットが多いです。

以上のことから、サーフで使用するヒラメ用のリールはハイギアタイプをおすすめします。

ドラグ性能

ドラグとは魚がヒットして釣り糸にある負荷以上の力がかかった際に、糸が切れないようにリールが勝手に糸を出して負荷を逃がしてくれる機能のことです。

簡単に言うと強く引っ張られた時に勝手に糸が出ていく機能です。

「ヒラメの生態・捕食行動に基づくルアーでの釣り方基礎」で詳しく解説していますが、ヒラメはブリなどの青物とは異なり、瞬発力こそありますがヒットした後に長時間に渡って走り回りることはありませんので、さほどドラグ性能は重視しなくてもよいと思います。

ヒラメの生態・捕食行動に基づくルアーでの釣り方基礎
ヒラメの生態や捕食行動に基づき、ルアーでヒラメを釣るための基本的な考え方を解説しています。ヒラメが得意・不得意とする捕食パターンと有効なルアーアクションがわかります。

ライントラブル

サーフで使用するラインは感度が良く飛距離が抜群に出るPEラインが主役となります。

PEラインは繊維質で柔らかいため、ナイロンやフロロカーボンといったラインと比較するとキャスト時などのライントラブルは起きやすい傾向にありますが、ダイワではABSスプール、シマノではAR-Cスプールといったライントラブル対策がほとんどのリールでとられていますので、リールというよりはキャストの練習が大事です

ヒラメ釣りで使用するPEラインの詳細については以下の記事をご参照下さい。

ヒラメ用のPEラインとショックリーダーの選び方
サーフでのヒラメ釣りで使用するお勧めのメインラインとショックリーダーと、その選び方のポイントをご紹介しています。

サーフでのヒラメ用リール選びのポイントまとめ

・10~11ftのロッドに対しては3000~4000番台のリールが最適

・ダイワなら3000番台(※)、シマノなら4000番台がお勧め
(※ ダイワのLTモデルなら4000番台)

・リールの重さは300g以下がお勧め

・リールはハイギアで巻き取り長さは95cm以上がお勧め

・ドラグ性能は気にしなくても問題なし

・ダイワではABSスプール、シマノではAR-Cスプールといったライントラブル対策が採用されているものを選ぶ

お財布にやさしいおすすめヒラメ用リール

3万円以下でサーフでのヒラメ釣りに適したリールをピックアップしてみましたので参考にして下さい。

これから紹介するリール性能表に記載されている「ギア比」と「ボールベアリング」の意味も確認しておきましょう。

【ギア比】
リールのハンドルを1回転させた時のスプールの回転数のこと。
例えばギア比5であればハンドルを1回転させるとスプールが5回転する。
ギア比5.5を超える辺りからハイギアと呼ばれる。
【ベアリング】
リールの回転において摩擦を減らすための部品のこと。
ボールベアリングとローラーベアリングがある。
ボールベアリングは回転軸の間に入れられる金属球のことで、数が多くなるほど部品同士の摩擦が小さくなるためスムーズな回転となる。
ローラーベアリングは主にハンドルの逆回転防止のためにあり、基本的にリールに1個ついている。

ダイワ(DAIWA)

2019年に軽量化されたセルテートのLTモデルが発売されました。
定価(円)品名番手巻き取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比自重(g)最大ドラグ力(kg)標準PEライン巻き量
(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
9,00015 レブロス3012H955.629561.5-2004/1
14,20017 エクセラー3012H955.631571.5-2004/1
23,30016 EM MS3012H955.625071.0-280
1.5-200
6/1
27,00014 カルディア3012H955.626071.0-280
1.5-200
7/1
26,50018 カルディアLT4000-CXH996.2225121.5-2006/1
33,00017 セオリー3012H955.622071.0-280
1.5-200
7/1
34,70015 ルビアス3012H955.625071.5-2008/1
49,50019 セルテートLT4000-CXH996.2235121.5-20010/1

↓amazonのリンクを貼っておきます。
送料無料もあるようです。


ダイワ(Daiwa)/15 レブロス 3012H

6千円程度で購入可能であり入門用として最適なモデルです。
まずはヒラメ釣りを始めてみようという方におすすめです。


ダイワ(Daiwa)/17 エクセラー 3012H

このクラスからマグシールドと呼ばれる防水構造技術が採用されています。
安定且つ平均的な性能で実勢価格1万円で購入可能なのが魅力です。


ダイワ(Daiwa)/16 EM MS 3012H

マグシールドが採用されていることに加え、とても軽量なのが特長です。
実績価格2万円以下で購入可能であり、コストパフォーマンスの良いリールです。


ダイワ(Daiwa)/18 カルディア LT4000-CXH

ダイワ(Daiwa)/14 カルディア 3012H (旧モデル)

2018年に軽量化とタフさを追求したLT(Ligth Tough)モデルが発売されました。
LTモデルは従来のリールと比較して同じ番手でも小さくなっていますので、
ヒラメ釣りに適したLTモデルのサイズは4000番台となります。
前作の2014年モデルと比較すると35gも軽量化されています。
また、2万5千円程度で購入可能でありおすすめします。


ダイワ(Daiwa)/17 セオリー 3012H

LTモデルではありませんが、とても軽く取り回しの良いリールです。
LTモデルのカルディアLT4000CXHよりもさらに5g軽いです。
実勢価格は2万5千円以下で購入可能です。


ダイワ(Daiwa)/15 ルビアス 3012H

軽量、剛性、スムーズな巻き心地と全てにおいて優れた性能を有しています
実勢価格は2万5千円以上となりますが、価格以上の価値があるリールです。


ダイワ(Daiwa)/19 テルテート LT4000-CXH
 NEW)

軽量化とタフさを追求したセルテートのLT(Ligth Tough)モデルが発売されました。
前作の16セルテート3012Hと比較して270g→235gと35g軽量化されています。
ボールベアリング数は前作と同じく10個と、ハイエンド仕様となっています。

シマノ(SHIMANO)

2019年3月にNEWモデル ヴァンキッシュが発売されました。
定価(円)品名番手巻き取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比自重(g)最大ドラグ力(kg)標準PEライン巻き量
(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
20,000エクスセンス BB4000HGM935.829011.01.5-200
2-150
5/1
39,500エクスセンスCI4+4000MXG996.224511.01.2-250,1.5-200
2-150
9/1
26,800ストラディック4000XGM996.228511.01.2-250, 1.5-200
2-150
6/1
33,000ストラディックCI4+4000XGM996.223511.01.2-250, 1.5-200
2-150
6/1
59,000ヴァンキッシュ4000HG955.820511.01.2-250, 1.5-200
2-150
11/1

↓送料無料もありましたのでamazonのリンクを貼っておきます。


シマノ(Shimano)/14 エクスセンスBB 4000HGM

実勢価格1万5千円以下で購入可能です。
軽量カーボン素材CI4+と遠投性能向上を促すAR-Cスプールが採用されています。


シマノ(Shimano)/18 エクスセンス CI4+ 4000MXG

2018年3月に発売されたニューモデルです。
軽量カーボン素材CI4+が採用されており、同型のエクスセンスBBよりも45g軽量化されています。
ボールベアリング数も9と多く、よりスムーズなリーリングとなっています。
実勢価格も2万円後半で購入可能でとてもお買い得品です。


シマノ(Shimano)/15 ストラディック 4000XGM

実勢価格1万8千円程度で購入可能です。
安定した性能で良いリールです。
285gと自重があるため気になる方は下記のCI4+を検討しましょう。


シマノ(Shimano)/16 ストラディックCI4+ 4000XGM

ストラディックに軽量カーボン素材が採用された上位モデルです。
同じエキストラハイギア仕様(XG)でも50gほど軽量化されています。
実勢価格2万2千円程度と同サイズのストラディックよりも5千円程度高くなりますが、お金に余裕があればCI4+の購入をおすすめします。


シマノ(SHIMANO)/19 ヴァンキッシュ 4000MHG
 NEWモデル

シマノの最高上位機種ステラに迫るハイエンドモデルです。
前作から25g軽量化されたにも関わらず剛性や防水性も向上させるという進化を遂げています。ステラは買えないけど、ハイエンドモデルが欲しいという方に最適な一品です。

結局どのリール何を買ったらいいの??

これまで色々なリールを紹介してきましたが、結局どれを買ったらいいのかわからないという声が聞こえてきそうなので、私が最もおすすめするサーフでのヒラメ用リールをダイワから2つ選んでみました。

おすすめ1.ダイワ/ルビアス 3012H


ダイワ(Daiwa)/15 ルビアス 3012H
 →amazonのリンクです。

・品名:3012H
・巻き取り長さ:95cm(ハンドル1回転/cm)
・ギア比:5.6
・重量:250g
・最大ドラグ力:7kg
・糸巻き量:PE1.5号で200m
・ベアリング(ボール/ローラ):8/1

一番のおすすめ品は「ルビアス」です
3万円を切る価格帯でありながら軽量、高剛性、スムーズな巻き心地の全てを高いレベルで実現しています。
購入して損はありません!

おすすめ2.ダイワ/カルディア LT4000-CXH


ダイワ(Daiwa)/18 カルディア LT4000-CXH
 →amazonのリンクです。

・品名:LT4000-CXH
・巻き取り長さ:99cm(ハンドル1回転/cm)
・ギア比:6.2
・重量:225g
・最大ドラグ力:12kg
・糸巻き量:PE1.5号で200m
・ベアリング(ボール/ローラ):6/1

もう1つのおすすめ品は2018年に発売されたLTモデルとして生まれ変わった新生「カルディア」です。
前作の優れた基本性能を維持したまま軽量化されたことで、よりサーフでのヒラメ釣りにマッチしています。
さらに、2万円前半と財布にやさしい価格帯となっておりコストパフォーマンスも抜群です。

ご参考になりましたでしょうか?
今回はここまでにしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました