サーフでのヒラメ用ロッドの選び方

サーフでのヒラメ用ロッドの選び方

こんにちは、もんもたろうです。
→この記事を書いている人のプロフィールはこちら

皆さんはサーフでどんなヒラメ用ロッドを使っていますか?
一概にロッドと言っても沢山の種類があり、何を選んでよいか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はサーフで使用するヒラメ用ロッドを選ぶ際に重要視するポイントと財布にやさしいおすすめロッドをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ヒラメ用ロッド(釣竿)の選び方

ヒラメ用ロッドの選び方

ヒラメ用ロッドはシーバス用ロッドをベースとしているものが多いため、既にシーバス用のロッドを持っているのであれば、それをヒラメ用ロッドとして使用しても問題ありません。

各メーカーのホームページでもロッド紹介文においてシーバス、ヒラメ両方に対応できるといった記載がされているものが多くあります。私も実際にヒラメを釣りを始めた当初はシーバス用ロッドを使用していましたが、特に問題を感じたことはありませんでした。

しかしながら、ヒラメ釣りで必要となるルアーアクションやサーフでの使い勝手を考えた場合、ヒラメ専用ロッドはあなたの釣果アップに有利となることは間違いありません。
これからヒラメ釣りを続けて釣果アップを狙うのであれば専用ロッドを手に入れることをお勧めします。

サーフからヒラメを狙う場合、重要視したいのが①ロッドの長さ、②ロッドの重さ、③ロッドパワーとテーパーです。これらの基本的な考え方をお話していきますので、お付き合い頂ければ幸いです。

サーフでのヒラメ用ロッド長さ

ヒラメロッドの長さ

まず最初はヒラメ釣りで使用するロッドの長さについて、ルアーコントロールと遠投性能の観点から解説します。

1.ルアーコントロール

サーフにおいてヒラメは意外と近くに潜んでいることも多く、波打ち際でヒットすることも珍しくありません。
ではルアーを遠投する必要はなく、ロッドも短くてよいかと言えばそうではありません。
遠投は一度のキャストで広範囲を探れることになるため、広大なサーフを攻略するのに適しています。
また、ヒラメ釣りは外洋(広大な外海のこと)サーフがメインステージとなるため海の荒れている日も多く、高い波にラインが飲み込まれてしまうことも多くあります。

そのような状況下においてもルアーを正確にコントロールできることが釣果の鍵となりますが、ロッドは長い方が波をかわし易いためルアーのコントロールに有利となります。
よって、サーフで使用するロッドはある程度長さのあるものを選ぶ必要があります。

ロッドは長い方が波をかわし易いためルアーのコントロールに有利

ロッドは長い方が波をかわし易いためルアーのコントロールに有利

2.遠投性能

ヒラメ釣りで有名なサーフともなれば、釣り人だらけですっかりヒラメがスレてしまっていたり、攻めたいポイントにキャストできない状況となることも多くあります。(スレる:多くのルアーが投げられることでヒラメが警戒してしまいルアーで釣れなってしまうこと。あるいはプレッシャーが高いともいいます)

一方、沖合のヒラメはルアーを見慣れていないため、喰い付きやすい傾向にあります。
よって、遠投することは混雑した釣り場ではもちろんのこと、スレていないヒラメを狙えるという意味でヒラメ釣りに有利となります。

遠くのヒラメはルアーに喰い付きやすい傾向がある

遠くのヒラメはルアーに喰い付きやすい傾向がある

サーフで重視すべきロッドの長さのまとめ

ここまでのまとめです。

・サーフで使用するヒラメロッドの長さは10~11ftがお勧め
(1ft=30.48cmなので10ft=3m48cm、11ft=3m35cmです)

12~13ftでは遠投性能はさらに高くなりますが、現在のロッドはひと昔前とは異なり10~11ftでも十分沖合を狙える飛距離を出すことができます。
また、ロッドは長くなるほど重くなる傾向にあります。
荒波をかわしてルアーをコントロールすること、ルアーの遠投性能、そして重さの観点から評価すると、ロッド長さは10~11ftをおすすめします。

サーフでのヒラメ用ロッドの重さ

ヒラメロッドの重さ

サーフにおけるヒラメ釣りはヒラメの潜んでいそうなポイントを探し続ける釣りでもあります。よって、ルアーのキャストをひたすら繰り返すことになります。
時には初夏の熱気の中、汗だくになりながらも釣りを敢行しますので、いかに体力消耗を抑えるかといった観点でロッドの重さも重要なポイントとなります。

厳密に言いますと、リールをセットした際の重心の位置によっても感じる重さが変わるため、ロッドとリールをセットで考える必要があるのですが、そこまで考えるのは大変なので、大抵の場合はロッド重量の上限は200g程度を目安とするのをお勧めします。

なお、ヒラメ釣りにおけるルアーアクションはリトリーブ(ただ巻き)とリフト&フォールが基本となります。
ただ巻きの場合はルアーをキャスト後にロッドを大きく動かしませんが、リフト&フォールはロッドを上下に動かすことになります。
リフト&フォールを繰り返すと数十グラムのロッド重量の違いでも意外と体への負担は大きくなるため、ロッドの重さはしっかり考慮しておきましょう。

【リトリーブ】
リールを巻くことでルアーを引いてくること。単純にリールを巻くだけなので、ただ巻きとも言う。あまりロッドは動かさないため体への負担は小さい。
【リフト&フォール】
ルアーを上下方向へ動かすアクションのこと。リトリーブが横の動きに対して、リフト&フォールは縦の動きとなるためロッドを動かす場合があり、リトリーブと比べて体への負担は大きい。

サーフでのヒラメ釣りの基本的なテクニックであるリトリーブ(ただ巻き)とリフト&フォールについては以下の記事を参考にして下さい。

ロッドパワーとテーパー(使用可能なルアー重量と調子)

ロッドパワーとテーパー

次はロッドのパワー(扱えるルアー重量)とテーパー(曲がり調子)の観点からヒラメに適したロッドを考えてきます。

ヒラメは平べったい体格をしているため水の抵抗を受けやすく、釣り上げている最中はロッドにかなりの負荷がかかります。大型ヒラメともなれば、ヒットした後に海底に張り付き、浮かせるのに一苦労といった場面も出てきます。また、ヒラメがルアーに喰いついた際に、いかにしてフッキングさせるかも重要です。

ヒラメは瞬間的に捕食行動をすることが多いため、ロッドの先端が硬いとヒット時の衝撃でロッドが反発してしまい(弾いてしまう)、うまくフッキングできない場合があります。
一方、逆にロッドの先端がやわらかすぎる場合は、フッキングが甘くなることでバラシてしまうリスクが高くなります。

【フッキング】
ロッドをあおることで釣り針を魚の口に引っ掛けること。

これらを考慮したロッド選択について解説していきます。

1.ロッドパワー(扱えるルアー重量)

ロッドのパワーについては、使用するルアーの重さに合ったものを選ぶ必要があります。
ルアーの種類は大きく分けて、やわらかいプラスチック素材で造られている「ソフトルアー」とプラスチックや金属を組み合わせて造られた「ハードルアー」があります。

これらは状況に応じて使い分けることになるのですが、先に述べました遠投の観点ではハードルアーの独壇場となります。

ハードルアーとソフトルアー

ハードルアーとソフトルアーの例

サーフで使用するハードルアーはMax45g程度がメインとなりますので、40gのルアーをフルキャスト(全力でキャスト)できるロッドパワーを有したロッドがおすすめです。

ロッドには必ず対応可能なルアー重量が明記されていますが、余裕をもって40gのルアーをフルキャストしたいことを考えると、ロッドパワーはMax40gよりも少し高い42gや45gといったところをお勧めします。

もちろん、Max40gのロッドで41gのルアーを投げても即折れないよう、設計で安全率はみていると思いますのである程度は大丈夫なのですが、私はMax40gのロッドで40gのルアーをキャストする際の感覚に余裕の無さを感じることがあるため、少しパワーに余裕のあるロッドが良いと思います。

一般的なロッドの硬さはやわらかい順に
『ウルトラライト(UL)、ライト(L)、ミディアムライト(ML)、ミディアム(M)、ミディアムハード(MH)、ハード(H)』と呼ばれますが、サーフでのヒラメ釣りではミディアムライト(ML)~ミディアム(M)が該当します。

ちなみに、同じ表記でもメーカーによって微妙に硬さは異なるため、近くに釣具店がある方は実際に現物を手に取ってみるもいいですね。

ロッドパワーを超えるルアーは扱えませんが、逆にロッドパワー以下のルアーであれば使用することができます。当然、Max40gのロッドに対して7gのルアーを使用すると扱いずらくはなりますが、使えないという訳ではありません。よって、40g程度のルアーをフルキャストできるロッドをおすすめします。

2.ロッドテーパー(調子)

ロッドテーパー(調子)

ロッドがどこから曲がるのかを示す指標を「テーパー」あるいは「調子」といいます。

ロッドの先端側から曲がる順に『エクストラファースト、ファースト、レギュラー、スロー』と呼ばれます。ヒラメの捕食動作とルアーアクションを考えると適正なロッドテーパーがみえてきます。

ヒラメは砂に潜って自分の上を通過する小魚を一瞬で捕食するパターンを得意です。
一瞬でバグっとルアーに喰いつくのですが、この時にロッドの先端が硬いと喰いついた時の衝撃でロッドが反発してしまい、せっかくのアタリを弾いてしまうリスクが高くなります。

【アタリ】
魚が餌に喰いついたときの竿の動きや感じる振動のこと)

一方、ルアーアクションの観点では、ルアーのコントロールのし易さがポイントとなります。
ロッド全体がフニャフニャの場合と、先端のみが柔らかい場合でどちらがルアーをコントロールし易いでしょうか?
もちろん先端のみ柔らかい方がよいですよね!
よって、ロッドテーパーはヒラメがルアーに喰いついた時に弾いてしまうリスクを低減しつつ、ルアーコントロールがし易いものを選択するのが良いです。

ロッドテーパーはファースト~レギュラーをお勧めします。

私はファーストかレギュラーのどちらか1つを選ぶとなった場合はルアーコントロールを重視してファーストが良いかと思っています。ファーストはレギュラーよりもキャスト時の適正なリリースポイントが狭くなりますが、すぐに慣れてしまうことや、ファーストでもアタリを弾いてしまったことの経験が少ないためです。

サーフ重視すべきロッドパワーとテーパーまとめ

以上のことから、サーフで使用するヒラメロッドでお勧めするロッドパワーとテーパーは以下の通りとなります。

・ロッドパワーは42~45gのルアーを扱える。
・ロッドテーパーはファーストかレギュラー。

荒波の外洋でもしっかりルアーをキャストすることができ、数少ないヒラメのバイトの逃さないロッドを手に入れましょう。

ロッドのガイド

トラブルの少ないKガイドがおすすめ

ヒラメ釣りで使用するライン(糸)は、高感度で遠投に有利なPEラインが主役となりますが、PEラインはナイロンやフロロカーボンといったラインよりも、しなやかでコシが無くキャスト時にガイドに絡まりやすいという特徴があります。

PEラインが登場した当初はPEラインはトラブルが多いと言われていましたが、現在では富士工業株式会社の「Kガイド」シリーズの登場により、大幅にライントラブルは改善されています。多くのロッドにKガイドが採用されていますが、購入の際にはチェックしておいたほうがよいでしょう。

ヒラメ釣りで使用するラインについては以下の記事を参考にして下さい。

サーフでのヒラメロッド選びのポイントまとめ

サーフで使用するヒラメロッドを購入する際のポイントをまとめます。

・ロッド長さは10~11ftがおすすめ

・ロッドの重さは200g以下が目安

・42~45gのルアーまで対応しているロッドがおすすめ

・ロッドのテーパーはファーストかレギュラーがおすすめ

・ガイドはトラブルが少ないKガイドが良い

お財布にやさしいおすすめヒラメ用ロッド

おすすめサーフでのヒラメロッド(写真はアングラーズリパブリック/ショアガン)

サーフでのおすすめヒラメロッド(写真:アングラーズリパブリック/ショアガン)

最後にサーフで使用するおすすめのヒラメロッドについて、価格別にご紹介します。

①シマノ(SHIMANO)

2017年9月にネッサの廉価版としてネッサBBがラインナップに追加されました。
2018年2月に前作よりも軽量化されたディアルーナが発売されました。

ロッド品番全長自重(g)適合ルアー重量(g)適合PEライン(号)価格(円)
ムーンショットS906M2.90m(9.6ft)*1678~420.8~319,500
ムーンショットS1006M3.20m(10.6)*1868~420.8~320,000
ディアルーナS106M3.20m(10.6)*1668~450.8~230,000
ディアルーナS110M3.35m(11.0)*1748~450.8~230,500
ネッサBBS1002M3.10m(10.2)*185Max420.8~224,000
ネッサBBS1008MMH3.25m(10.7)*195Max450.8~224,500
ネッサBBS1102MMH3.40m(11.2)*200Max450.8~225,000
ネッサCI4+S1002M3.10m(10.2)*171Max420.8~238,500
ネッサCI4+S1008MMH3.25m(10.7)*176Max450.8~239,500
ネッサCI4+S1102MMH3.40m(11.2)*184Max450.8~240,000
ネッサS1002M3.09m(10.2)*174Max420.8~258,800
ネッサS1100MMH3.34m(11.0)*184Max450.8~262,000

*メーカーホームページではm表示のみなので、参考にft換算した長さも記載しています。私が換算したので多少の誤差はある可能性がありますのでご了承下さい。

以下にamazonのリンクを貼っておきます。
送料無料もあるようですのでご活用下さい。

1ー1. ムーンショット(moon shot)


・シマノ(SHIMANO)/ムーンショット S1006M

一万円台で購入可能なロッドです。
シマノ製ショアロッドのエントリーモデルとして定番です。
これからヒラメ釣りを始める方はこの1本から始めてもよいですね。

1ー2. ディアルーナ(DIALUNA)【NEW】


・シマノ(SHIMANO)/ディアルーナ S106M

・シマノ(SHIMANO)/ディアルーナ S110M

2018年2月に発売されたNEWモデルのディアルーナです。
なんと前回のモデルから10%もの軽量化を実現しています。
上位モデルに迫る性能を有しており万能ショアロッドとして死角無しです。
価格も二万円台前半とコストパフォーマンス抜群です。

1ー3. ネッサBB(NESSA BB)【NEW】


・シマノ(SHIMANO)/ネッサ BB S1002M

・シマノ(SHIMANO)/ネッサ BB S1008MMH
・シマノ(SHIMANO)/ネッサ BB S1102MMH

シマノ製のヒラメ専用ロッドと言えば「ネッサ」シリーズです。
そのネッサシリーズで2017年に発売されたNEWモデルがこのネッサBBです。
ネッサの中では最も安価なモデルであり、実勢価格で一万円台で購入可能です。
ブランクスにカーボンテープをX状に締め上げて剛性を向上させたハイパワーX構造を採用。
コストパフォーマンスで選ぶならこのロッドです。

1ー4. ネッサCI4+(NESSA CI4+)


・シマノ(SHIMANO)/ネッサ CI4+ S1002M

・シマノ(SHIMANO)/ネッサ CI4+ S1008MMH
・シマノ(SHIMANO)/ネッサ CI4+ S1102MMH

ネッサシリーズのスタンダードモデルです。
ネッサBBに対しスパイラルXと呼ばれるロッド3層構造が追加され剛性が強化されています。
実勢価格は二万円台後半です。
上位モデルのネッサに手が届かない方はネッサCI4+がおすすめです。

1ー5. ネッサ(NESSA)


・シマノ(SHIMANO)/ネッサ S1002M

・シマノ(SHIMANO)/ネッサ S1100MMH

ネッサシリーズの最上位モデルで実勢価格も約五万円という一品です。
ネッサCI4+に対してカーボン繊維を高密度に束ねたマッスルカーボンを採用し高性能なブランクスに仕上げられています。
予算に余裕のある方はご検討下さい。

②ダイワ(DAIWA)

2017年8月にラテオのヒラメ専用モデル(ラテオ フラットジャンキー(FJ))がラインナップに追加となりました。
ロッド品番全長自重(g)適合ルアー重量(g)適合PEライン(号)価格(円)
ラテオFJ103ML3.12m(10.2ft)*1607~400.8~2.029,000
ラテオFJ1010ML/M3.30m(10.8ft)*1807~400.8~2.031,000
ラテオFJ1010M/MH3.30m(10.8ft)*19810~500.8~2.032,000
ラブラックスAGS96ML2.89m(9.6ft)*1417~350.6~1.542,500
ラブラックスAGS100ML3.05m(10.0ft)*1487~400.6~1.545,000
ラブラックスAGS106ML3.20m(10.6ft)*1577~400.6~1.547,000
モアザン109MML-W3.28m(10.8ft)*15010~500.8~2.052,500
モアザンAGS109MML3.28m(10.8ft)*14510~500.8~2.065,500

*メーカーホームページではm表示のみなので、参考にft換算した長さも記載しています。私が換算したので多少の誤差はある可能性がありますのでご了承下さい。

こちらもamazonのリンクを貼っておきます。
送料は無料と有料の両方がありますのでご確認をお願いします。

2ー1. ラテオFJ(LATEO FJ)【NEWモデル】


・ダイワ(DAIWA)/ラテオ FJ 103ML

・ダイワ(DAIWA)/ラテオ FJ 1010ML/M
・ダイワ(DAIWA)/ラテオ FJ 1010M/MH

コストパフォーマンスがよく万能ロッドとして有名なラテオシリーズにヒラメ専用モデルが2017年に追加されました。
パワーと操作性に優れたX45構造が採用され、ロッドテーパー(調子)は上位モデルのモアザンが踏襲されています。
二万円台前半の価格設定になっているのも魅力です。

2ー2. ラブラックス AGS(LABRAX AGS)


・ダイワ(DAIWA)/ラブラックス AGS 96ML

・ダイワ(DAIWA)/ラブラックス AGS 100ML
・ダイワ(DAIWA)/ラブラックス AGS 106ML

ガイドに高剛性カーボンが採用されたAGS(エアガイドシステム)搭載モデルです。
最上位モデルに迫るパフォーマンスを有した万能ショアロッドです。
実勢価格は三万円台前半ですが、価格以上のパフォーマンスが期待できます。

2ー3. モアザン(MORETHAN)


・ダイワ(DAIWA)/モアザン 109MML-W

モアザンはダイワ製ショアロッドの最上位モデルシリーズです。
上位モデルから順に「モアザンエキスパートAGS」「モアザンエキスパート」「モアザンブランジーノAGS」「モアザンAGS」そして上記の「モアザン」となります。
性能は申し分ありませんが、どのグレードを選択するかは財布との相談となります。
上記「モアザン」の実勢価格は四万五千円程度です。

③メジャークラフト(Major Craft)

ロッド品番テーパー(調子)全長自重(g)適合ルアー重量(g)適合PEライン(号)価格
スカイロードSKR-1002SURFレギュラー3.05m*(10.0ft)非公開7~350.8~217,600
スカイロードSKR-1062SURFレギュラー3.20m*(10.6ft)非公開10~420.8~217,900

*メーカーホームページではft表示のみなので、参考にm換算した長さも記載しています。私が換算したので多少の誤差はある可能性がありますのでご了承下さい。

メジャークラフトはロッド重量が非公開となっております。

私はサーフヒラメにデビューしたときはスカイロードのシーバスモデル(10.0ft)を使用していましたが、自重を計測してみると約130gと驚くべき軽さであり、サーフで疲れ知らずでした。一方、「軽い」ということはロッドの強度は低い傾向にあることも考慮しなければならず賛否両論のようですですが、1年間フル活用しても折れたりしませんでしたので、普通に使用していれば折れるリスクは小さく、とてもコストパフォーマンスのよいロッドだと思います。

3-1. スカイロードサーフ・フラット(SKY ROAD SURF・FLAT)


メジャークラフト/スカイロードサーフ SKR-962SURF

SKR-1002SURFと1062SURFが品切れ状態でしたので、参考としてSKR-962SURFのamazonのリンクを貼ってあります。
SKR-962SURFは私の推奨しているモデルよりも短く、扱えるルアー重量も軽いので御注意下さい。

④アングラーズリパブリック(Angler’s Republic)

ロッド品番テーパー(調子)全長自重(g)適合ルアー重量(g)適合PEライン(号)価格
ショアガンSFGS-96M+ ファースト2.90m*(9.6ft)18010~400.8~220,000
ショアガンSFGS-106M+ファースト3.20m*(10.6ft)20210~400.8~221,000
ショアガン エボルブSFSGS-98M+・FLファースト3.00m*(9.8ft)19410~450.8~225,000
ショアガン エボルブSFSGS-106M+・FLファースト3.20m*(10.6ft)21310~450.8~226,500
ショアガン エボルブSFSGS-112M+・FLファースト3.40m*(11.2ft)23510~450.8~228,000

*メーカーホームページではft表示のみなので、参考にm換算した長さも記載しています。私が換算したので多少の誤差はある可能性がありますのでご了承下さい。

送料無料のようですので、以下にamazonのリンクを貼っておきます。

4-1. ショアガンエボルブ(FLATFISH EDITION)


・アングラーズリパブリック/ショアガン エボルブ SFSGS-98M+・FL
・アングラーズリパブリック/ショアガン エボルブ SFSGS-106M+・FL
・アングラーズリパブリック/ショアガン エボルブ SFSGS-112M+・FL

私の愛用しているロッドの1つです。
充実したスペックにも関わらず実勢価格は二万五千円程とお手頃でおすすめします。

エボルブは旧モデルのショアガンよりもバット部(ロッドの根本側)のクロスカーボン量が増えているため剛性が強化されており、45gのルアーまで使用可能となっています。
実際に使用感を比較してみましたが、キャスト時の安定性は剛性が高くなった分、エボルブが優れており、ルアーの操作性も敏感になっていると感じました。但し、あくまでも相対比較ですので、旧モデルのショアガンはキャスト時に安定していないかと言えば、まったくそのようなことはありません。旧モデルも扱いやすくおすすめできる一品です。

ここでは取り扱いませんでしたが、さらに上位モデルや、がまかつ、アブガルシア、ヤマガブランクスといったメーカーもありますので、興味があれば調べてみて下さい。

最後に自社生産と委託生産(OEM)について

ちょっとマニアックですが、最後にロッドの自社生産と委託生産についても触れておきます。

ロッドメーカーは自社生産ができるメーカーとOEM(Original Equipment Manufacturing)と呼ばれる委託生産を行っているメーカーに大別できます。

自社生産とはカーボンシートを自社で造ることができる窯(かま)を持っているメーカーであり、ダイワやシマノ、がまかつといったメーカーが有名です。窯を持っているメーカーは自社でカーボンシートから製造することができるため、自由なロッド製造ができるのと品質の面でも信頼性は高くなります。

一方、自社で窯を持っていないメーカーはカーボンシートの製造を窯を持っているメーカーへ製造依頼します。その後、どこまで委託するかはメーカーによって異なりますが、委託生産をおこない完成したものを受けとる形式をとっています。

どっちが良いか?ということになりますが、自社生産であればもちろん信頼できるロッドだと思いますし、一方で委託生産を行っているメーカーも詳細な設計指示や完成品に対する優秀なテスターさんたちによる試験を行っているわけですので、私は特に気にしていません。あとはそれぞれの好みと趣向の話と思っています。

以上、今回はここまでにしたいと思います。
どうもありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする