ヒラメ(鮃)釣り必須ルアー”シンキングペンシル”

ヒラメ(鮃)釣り必須ルアー"シンキングペンシル"ヒラメ釣り
ヒラメ(鮃)釣り必須ルアー"シンキングペンシル"
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、もんもたろうです。
→この記事を書いている人のプロフィールはこちら

今回はサーフでのヒラメ(鮃)釣りに欠かすことのできないルアーである「シンキングペンシル」の使い方とお勧め品などについて解説したいと思います。
ヒラメ(鮃)釣りで活躍するルアーは大きく分けるとミノー、メタルジグ、バイブレーション、ワーム、そしてシンキングペンシル(通称:シンペン)の5種類です。
それぞれのルアーには強みと弱みがあり、海の状況やヒラメ(鮃)の活性に合わせてルアーを使い分けることが釣果の鍵となりますが、今回ご紹介するシンキングペンシルはサーフでのヒラメ(鮃)釣りにおいて絶対に欠かすことのできない必須アイテムの1つです。

シンキングペンシルの特徴と使い方を理解してヒラメ(鮃)の釣果アップを目指しましょう。

スポンサーリンク

シンキングペンシルの特徴と使いどころ

 

シンキングペンシルの形状はリップの無いミノー(リップレスシンキングミノー)に近く、細長い棒状です。水に沈みますがリップが無いため水噛み力は小さく、浮き上がり易いものが多いです。

 

シンキングペンシルの特徴

シンキングペンシルの特徴とは

シンキングペンシルの特徴とは

1.優れた飛距離

シンキングペンシルは棒状のシンプルな形状をしているため空気抵抗が小さく、遠投することができます。
近年ではメタルジグ並み、あるいはメタルジグを超えると言われる程の飛距離を出すことができるシンキングペンシルが出てきています。

 

2.浮き上がり易い

シンキングペンシルはミノーのようなリップがついておらず、棒状のシンプルな形状をしているため水を噛みずらく、浮き上がり易い特徴があります。
よって、スローに引いてくることができるため、ヒラメの目の前をゆっくりと魅せることができます。今まではメタルジグでしか届かなかった沖合を、メタルジグで実現不可能なスローな動きでヒラメを誘うことができる。これがシンキングペンシルの最大の強みです。

一方、浮き上がり易い特徴を持っているがゆえに海が荒れている状況では使用しずらいルアーという特徴もあります。

 

3.ナチュラル系アクション

シンキングペンシルはシンプルな棒に近い形状をしているため、引いてきたときのアクションが控えめとなる特徴があります。
前項に記載のスローな誘いと控えめなアクションにより、活性の低いヒラメに対しても絶大な効力を発揮します。

 

4.引き抵抗が小さい

シンキングペンシルは水の抵抗を受けずらい形状をしているため、ルアーを引いている時の抵抗が小さく感じます。底取り(ルアーが底に着く感覚)も感じにくいため、ルアーが泳いでいる深さをイメージしずらいといった特徴もあります。
よって、悪天候時にはシンペンがどこを泳いでいるのか見失ってしまうこともあり、使い勝手は天候にも左右されますので、海が荒れている状況下ではメタルジグが1番手となります。
シンペン独特の感触には少々慣れが必要です。

 

5.手返しが悪い

シンキングペンシルは浮き上がり易いため、スローに引いてくる必要があります。
よって、ルアーを遠投してから回収するまでの時間が他のルアーよりも長くなってしまう傾向にあります。
マズメ時などでヒラメの活性が高い状況では手返しのよいメタルジグなどで手返しよく探った方が効率がよいため、シンキングペンシルばかりを使用するのは効率の観点からお勧めしません。

スポンサーリンク

 

シンキングペンシルの使いどころ

日中にシンペンで釣れたヒラメ

日中にシンペンで釣れたヒラメ

写真のヒラメを釣った時の記事はこちら
釣行編の記事ではヒラメ釣行中の私の考え方などを記載していますので、参考になればと思います。

シンキングペンシル(シンペン)の特徴を把握できると、サーフのヒラメ釣りにおけるシンペンの使いどころが見えてきます。

ヒラメを惹きつける力(ルアーアクションの強さ)はシンペンよりもミノーの方が勝ります。
また、シンペンはスローな誘いが基本となることからミノーやメタルジグと比較して手返しがよくありません。
よって、岸から近い範囲はミノーで探り、沖合はメタルジグで攻略したほうが圧倒的に効率はよいでしょう。

では、シンペンはいつ使えばよいのか?
それはヒラメの活性が低い時です。
メタルジグやミノーでは再現できないユラユラと漂うようにスローに動かせるシンペンはスレたヒラメも思わず口を使ってしまう最終兵器となるでしょう。

マズメが終わりすっかり日が昇ってしまった誰もいないサーフ。
そこはシンペンの独壇場となります。

関連記事

 

ヒラメ(鮃)釣りに理想的なシンキングペンシルとは

ヒラメ釣りに必要なシンペンの性能とは

ヒラメ釣りに必要なシンペンの性能とは(写真はダイワ/サーフブレイカー108S)

 

ここからはヒラメを釣るために着目すべきシンキングペンシルの性能について説明します。
ヒラメ釣りに最適なシンキングペンシルを手に入れて鮃力をアップさせましょう。

 

ヒラメ釣りで考慮すべきシンキングペンシルの性能

 

1.飛距離(よく飛ぶシンペンを選ぶ

サーフでのヒラメ釣りにおいて飛距離は重要なポイントの1つです。
シンキングペンシルはユラユラと魅惑的にアクションするためスレたヒラメに有効ですが、スレていない沖合のヒラメは喰い付きやすい傾向にあるため狙いたいところです。
シンキングペンシルは前述のようにミノーにリップが付いていないようなシンプルな形状をしているため、キャスト時の空気抵抗が小さく、比較的よく飛ぶルアーです。
最近ではメタルジグ並み、あるいはメタルジグ以上飛ぶと言われるシンペンも存在していますので、よく飛ぶと評判のシンキングペンシルを選ぶようにしましょう。

 

2.レンジキープ力(悪天候でも粘り強く泳ぐ)

サーフでのヒラメ釣りの主戦場は外洋となるため、多少の波風が強いことは考慮しなければなりません。よって、ヒラメ釣りで使用するシンキングペンシルには多少波風があってもしっかり意図したレンジをキープできる性能が必要です。

 

3.魅惑的なアクション(スローでもきちんと動く)

シンキングペンシルの最大の武器はユラユラと漂うようにゆっくり誘うアクションです。
スローに動かしてもしっかり動くシンペンを選びましょう。

 

おすすめシンキングペンシル

私がお勧めするシンキングペンシルをいくつかご紹介します。

 

1.JUMPRIZE(ジャンプライズ)/ぶっ飛び君

言わずと知れたジャンプライズの「ぶっ飛び君」です。
メタルジグ並みの飛距離と優れたレンジキープ力、さらには綺麗な水平フォールを有しており、確実な釣果を約束できます。
このシンペンの登場により今までメタルジグでしか届かなかった沖合をシンペンで攻略することができるようになり、サーフヒラメ釣りに革命を起こしたルアーです。
高価なルアーですが、シンペンの代表として1本持っておくべきです。

↓送料が無料のようですので、amazonのリンクを貼っておきます。
毎年ヒラメ釣りの最盛期となると品薄となりますのでご注意下さい。

JUMPRIZE(ジャンプライズ) / ぶっ飛び君95S

 

2.JUMPRIZE(ジャンプライズ)/かっ飛び棒

こちらもジャンプライズ製です。
ぶっ飛び君よりもさらに沖合を攻略することを前提に造られた「かっ飛び棒」はメタルジグ並みの飛距離を誇り、ぶっ飛び君よりもシルエットが大きくなったことで存在感が増しました。私も愛用していますが、ベイトがイワシの時に絶大な効果を発揮します。
着水後はバックロール(バックスライド)しながら綺麗に水平フォールしますので、着水後もラインのテンションをキープし易いよう工夫されています。

↓送料が無料のようですので、amazonのリンクを貼っておきます。
こちらも人気がありヒラメシーズンにはいつも品薄状態です。


JUMPRIZE(ジャンプライズ) /かっ飛び棒130BR

 

3.JUMPRIZE(ジャンプライズ)/飛びキング

こちらも同様にジャンプライズのシンペンです。
ぶっ飛び君、かっ飛び棒の飛距離を昇華させ、メタルジグの飛距離を超越したと言われているシンペンです。
サーフヒラメの新時代を感じさせるルアーです。
今年は私も使用してみたいと思っています。

↓楽天のリンクを貼っておきます。
人気があり品薄状態が続いています。


JUMPRIZE(ジャンプライズ)/飛びキング

 

4.ダイワ/フラットジャンキー サーフブレイカー

ダイワの代表的なシンキングペンシルであるサーフブレイカーです。
引いてくると尻尾を大きく振るテールスライドアクションとなり、フォール時は強めのローリングフォールでアピールします。
飛距離ではジャンプライズ製には届きませんが、安定した性能であり愛用しています。
サイズは95Sと108Sの2種類です。

↓送料が無料のようですので、amazonのリンクを貼っておきます。


ダイワ(Daiwa) /フラットジャンキー サーフブレイカー 108S

ダイワ(Daiwa)/フラットジャンキー サーフブレイカー 95S

 

まとめ

シンキングペンシルの特徴と使いどころについてまとめます。

・シンペン最大の武器はメタルジグ並みの飛距離とスローでナチュラルな誘い。
・シンペンはスレたヒラメに対して効果絶大。
・よく飛び、よく泳ぎ、レンジキープ力の優れたシンペンを選ぼう。
・シンペンは手返しが悪く、悪天候時は使用しずらいため、使いどころを見極めて使用する。

近年、シンキングペンシルはサーフでのヒラメ釣りにおいて特に着目されており、今後のヒラメ釣りの主役となる可能性を秘めています。
メタルジグ、ミノー、ワーム、バイブレーション、そしてシンキングペンシルという武器を手にサーフに立ちましょう。
きっと、夢にみた瞬間が訪れると思います。

今回はここまでにします。
どうもありがとうございましたm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました