ヒラメ調査開始!平物をルアーで釣る

ヒラメ調査開始のアイキャッチ画像

こんにちは、もんもたろうです。—>詳しいプロフィールはこちら

北海道で6月と言えばヒラメ釣りのハイシーズン。

私のホームでもサーフや漁港でヒラメ狙いの釣り人が増えてきています。

まだ岸からヒラメが釣れたという情報は少ないのですが、6月も目前となりましたので今年初のヒラメ調査へ行ってきました。

今回は一応、高級な「平物」が釣れましたのでお知らせします。

スポンサーリンク

2017年初のヒラメ調査結果

時間:6:00~8:00、大潮、波1.5m

今年初のヒラメ釣行は地元のサーフへ。

前日の天気予報では当日の天候は雨。

しかし、波と風は問題なさそうなので出撃することにしました。

当日は予報通り雨となりましたが、底荒れはしておらず波気もありコンディションは良い状況でした。

雨天であったこともあり、サーフには予想通り数名しかおらず広々と場所を確保できました。

多少、波、風があるためルアーはメタルジグ30g、雨天で光量が少なかったのでカラーはアカキンを選択。

そして第一投目をキャスト!

着底後、1m程しゃくり上げてからフリーフォール。

50cm程しゃくり上げてフリーフォール。

もう一度50cm程しゃくり上げてフリーフォールすると、

フォール中にガツッ!!と魚信有り。

いきなりヒラメきた!?

慎重に引き寄せてくると平べったい魚体を確認。

・・・むっ?

マツカワガレイ

マツカワガレイ(別名:タカノハガレイ)

マツカワでした(笑)

第一投目でヒラメを釣るというミラクルが起こったかと期待してしまいましたが、残念ながらヒラメではなくマツカワでした(よく考えると高級魚なので全然残念ではないのですが)。

その後は潮止まりまでルアーを投げ続けてみましたが、小さなカジカ1匹追加したのみで調査終了としました。

マツカワが釣れたポイント

ヒラメではありませんでしたが、魚が着いていたポイントはヒラメにも共通するところがありますので、マツカワが釣れたポイントを解説します。

マツカワがルアーで釣れたポイント

マツカワをルアーで釣ったポイント

今回は堤防にぶつかった波がサーフ側へ強く流れ出していましたので、潮の流れの上流側へルアーをキャストし、潮の流れ出しの真ん中辺りにさしかかったところでマツカワが釣れました。

潮通しが良く地形変化のあった場所に着いていたのではないかと予想しています。

まとめ

今回、マツカワが釣れた状況をまとめておきます。

・大潮(下げ4分)、雨天だが波気が有り魚の活性は高かったと予想

・ルアーはメタルジグ30g(波・風対策)

・ルアーカラーはアカキン(視野性重視)

・潮通しの良いポイントにてルアーのフォール中にヒット

次はヒラメの顔を拝みたいものです。

今回はここまでです。

どうもありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする