メタルジグでヒラメを釣るための5つのポイント

メタルジグでヒラメを釣るための5つのポイントヒラメ釣り
メタルジグでヒラメを釣るための5つのポイント
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、もんもたろうです。

今回はサーフでヒラメを釣るために必要なルアーの1つであるメタルジグの使い方について基本的なところをご紹介します。

私はサーフでメタルジグを使ってヒラメを釣るのが大好きです。
広大な外洋サーフでメタルジグをフルキャストするときの爽快感がたまらないのと、フルキャストしてヒラメが釣れた時には一番達成感を味わうことができるからです。
今はメタルジグを使う状況じゃないとわかっていても、ついついメタルジグを使ってしまうほど愛用しています。

メタルジグのメリットはなんといっても飛距離が稼げるところですが、当然デメリットもありますので、そこをしっかり理解し正しくメタルジグを使用してヒラメを釣りましょう。

スポンサーリンク

メタルジグの特長と使い方のポイント

メタルジグとは金属でできたルアーのことを指し、単純に「ジグ」と呼ばれることもあります。

メタルジグの材質は鉛が主流ですが、比重が高いタングステンや鉛とタングステンの両方を使用したコンポジットタイプ、さらには鉛にシリコンをコーティングしたものなどが存在します。

  • 鉛製:多くのメタルジグに使用されている。現在の主流材質。
  • タングステン製:鉛よりも比重が高いため同じ重さでも小さくすることができる。お値段は高め。
  • コンポジット:鉛とタングステンの両方を使用。それぞれのメリットを活かしたいわゆるハイブリットタイプ。
  • シリコン製:鉛のルアーをシリコンでコーティングしたもの。金属音がしなくなるのでスレたヒラメに有効。

メタルジグのメリット・デメリット


メリット1.抜群の飛距離を出すことができる

メタルジグは鉛やタングステンなどで造られているため、他のルアーと比較すると同じ体積同士では最も重たくなります。また、メタルジグは空気抵抗が少ない形状をしているため、ルアーの中で最も飛距離を出すことができます。
すなわち、カケアガリが遠い場合や他人が攻めていない沖合のヒラメを狙いたい時にはメタルジグが適しています。

また、メタルジグは初心者の方でも比較的簡単に飛距離を出すことができるのも特長です。

メリット2.フォールスピード(沈降速度)が速い

メタルジグは金属の塊ですので、着水後の落下スピードは他種類のルアーと比較して速い傾向にあります。

着底も分かり易いので、自分のルアーが海底からどのくらいの位置を泳いでいるのか把握し易いという利点があります。

また、海が荒れていて他のルアーでは釣りにならないような状況でもメタルジグであれば対応可能といったシチュエーションも存在します

デメリット1.スローな誘いが苦手

メタルジグは前述のとおり沈降速度は速いです。沈降速度が速いことは前述のようにメリットにもなりますが、一方ではデメリットにもなります。メタルジグは沈降速度が速いためスローな誘いが苦手です

「ヒラメの生態・捕食行動に基づくルアーでの釣り方基礎」の記事にもありますようにヒラメを釣るためには海底付近にルアーをしっかり通すことが基本となりますので、沈降速度が速いメタルジグを一定のレンジで安定させて泳がせるためには、ある程度のスピードで糸を引いてこなければなりません。

ヒラメの生態・捕食行動に基づくルアーでの釣り方基礎
ヒラメの生態や捕食行動に基づき、ルアーでヒラメを釣るための基本的な考え方を解説しています。ヒラメが得意・不得意とする捕食パターンと有効なルアーアクションがわかります。

手返しが良い(テンポよく探れる)という良い面もありますが、ヒラメの活性が低い場合はスローな誘いが有効となる場合が多いため、沈降速度が速いことはデメリットにもなります。

このスローな動きが苦手というところがメタルジグの最大の弱点と言えるでしょう。

メタルジグはスローな誘いが苦手

メタルジグはスローな誘いが苦手

メタルジグの基本的な使い方

他のルアーにも共通して言えることですが、ルアーでヒラメを釣るためには海底付近にしっかりルアーを通すことと、喰わせの間を与えることが大切です。

よって、メタルジグのアクションは「ただ巻き」「ストップ&ゴー」そして「リフト&フォール」が基本となります。

これらの具体的な方法は以下の記事を参考にして下さい。

ヒラメの生態・捕食行動に基づくルアーでの釣り方基礎
ヒラメの生態や捕食行動に基づき、ルアーでヒラメを釣るための基本的な考え方を解説しています。ヒラメが得意・不得意とする捕食パターンと有効なルアーアクションがわかります。
ヒラメはルアーをただ巻き(リトリーブ)するだけで誰でも釣れる
サーフでのヒラメの釣り方としてただ巻きとストップ&ゴーのやり方を紹介しています。ただ巻きさえしっかりマスターすれば、ヒラメは誰でも釣ることができるようになります!これを覚えてサーフへ出撃しましょう。
ヒラメに近づくテクニック「リフト&フォール」
ショアヒラメに近づくテクニックの1つ、リフト&フォールの基礎をマスターできます。カーブフォール、フリーフォールを使いこなして座布団ヒラメを目指しましょう。

なお、よく青物を狙うかのように派手なワンピッチジャークを繰り返し行っている人をみかけますが、これはお勧めできません。あまり派手にルアーを動かしすぎるとヒラメが警戒しスレてしまいますし、ヒラメがルアーを追いきれないことや、喰わせの間を与えずらいと考えられるためです。

スポンサーリンク

メタルジグの選び方とおすすめ品

メタルジグと一概に言っても色々な種類が存在します。
最近では各メーカーでヒラメ専用モデルもラインナップされていますので、ヒラメ釣りに適したメタルジグの特長や各メーカーのメジャーなラインナップを確認したいと思います。

ヒラメ釣りに理想的なメタルジグとは

ヒラメに理想的なメタルジグとは?

ヒラメに理想的なメタルジグとは?

繰り返しになりますが、ルアーでヒラメを釣る際に大切なのは海底付近で喰わせの間を与えながらルアーを泳がせることが大切です。

よって、遠投性能が優れていることは当然として、スローな動きでもよく泳いでくれるメタルジグがヒラメ狙いに適しています。

ヒラメ釣りに適したおすすめメタルジグ

いくつかの代表的なメタルジグをご紹介します。

1.シマノ/スピンビーム

シマノ/スピンビーム

シマノ/スピンビーム

サーフヒラメをメタルジグで狙う火付け役となったと言っても過言ではない超メジャーなメタルジグです。スピンビームはただ巻きだけで左右にフラフラと魅惑的に泳いでくれる良いルアーです。私もよく愛用しており、70upのヒラメもこれで釣りました。飛距離も申し分なく、迷ったらこれを買っておきましょう。

サーフで狙うは座布団ヒラメ!
サーフでの座布団ヒラメの狙い方を実際の釣行結果を交えて紹介しています。この記事を読めば座布団ヒラメに近づくことができます。

↓amazonのリンクを貼っておきます。
2000円以上購入すると送料無料にて購入できますのでお勧めです。


シマノ(SHIMANO)/スピンビーム 32g
 →amazonのリンクです。

比重が大きなタングステンを採用した「スピンビームTG」もあります。
大きさはそのままで重さが32gから42gへアップしているためカッ飛びます。


シマノ(SHIMANO)/スピンビームTG 42g
 →amazonのリンクです。

2.デュオ/ビーチウォーカー フリッパー

デュオ/フリッパー

デュオ/ビーチウォーカー フリッパー

ただ巻きでお尻をバタバタをよく振って泳いでくれます。また、フリッパーはアイの位置が斜め下に付いているため、着底後にただ巻きで浮き上がりやすい構造になっておりジグの中では比較的スローに巻き易いルアーです。スピンビームと並んで有力なルアーです。遠投性能はスピンビームと同等か気持ち少し劣る程度くらいな印象です。

amazon↓では2000円以上で送料無料になるようです。


DUO(デュオ)/ビーチウォーカー フリッパー 32g
 →amazonのリンクです。

さらに、比重の小さい亜鉛が使用された「フリッパーZ」もあります。
サイズが70mmから85mmへ大きくなったことでアピール力がアップし、浮き上がりやすい特長があるためスローに誘える特長があります。


DUO(デュオ)/ビーチウォーカー フリッパーZ 36g
 →amazonのリンクです。

3. ジャクソン/飛び過ぎダニエル

超後方重心であり飛距離は抜群です。
さらに、アクションはスローリトリーブでブリブリとミノーを連想させるウォブリングアクションを実現しています。
実際に使用するとリトリーブでブルブルと大きなアクションを実感します。

amazon↓では2000円以上で送料無料です。


Jackson(ジャクソン)/飛び過ぎダニエル 30g
 →amazonのリンクです。

さらに、アシストフックとブレードを追加したニューモデルが追加されました。
以下の動画をご覧ください。
40gとサイズアップされたことでシャローエリア(浅場)での使い勝手は低下しましたが、青物を想定したとされる本モデルでは異次元のアクションを実現しています。
ヒラメにも特攻です。


Jackson(ジャクソン)/飛び過ぎダニエル 40g
 →amazonのリンクです。

4.ima/サンティス33

ima/サンティス33

ima/サンティス33

サンティス33はスプーンの要素も含んでいるジグスプーンです。スローなただ巻きでローリングとスラロームアクションを同時に実現しておりアピール力の高いルアーです。標準装備されているブレードは脱着可能で、別売りのラバーもあります。
個人的にはスピンビームやフリッパーよりも少し沈みが速い印象です。遠投性能はスピンビームを10とすると個人的には7~8くらいの印象です。

amazon↓では2000円以上で送料無料になるようです。


アムズデザイン(ima)/サンティス 33g
 →amazonのリンクです。

5.エンドウクラフト/ダント

dant30(ダント30)

エンドウクラフト/ダント30

細身なボディーでかっ飛んでいきます。個人的には遠投性能はスピンビームを10とすると11~12といった感じで飛びます。シンプルな形状でありロッドアクションに対して敏感に動いてくれます。ただ巻きではワイドなウォブンロールアクション、フォール時は水平姿勢であり、巻いて良し、フォール良しの万能ルアーです。とても使いやすいのでお勧めです。

楽天のリンク↓を貼っておきました。


エンドウクラフト(Endo Craft)/Dant 40g

まとめ

  1. メタルジグは遠投性が優れていることを活かして沖合のカケアゲリに潜むヒラメを狙う場合に使用するのがお勧め。
  2. 海が多少荒れている場合でもメタルジグの遠投性と沈降速度を活かすことで釣りが成立する場合がある。
  3. 基本的な使い方は「ただ巻き」「ストップ&ゴー」「リフト&フォール
  4. メタルジグはスローな誘いが苦手。
  5. できるだけスローなただ巻きで良く泳ぎ、底切りが良い(浮き上がり易い)メタルジグがヒラメ狙いに適している。

さらに詳しいお勧めのメタルジグはこちらの記事を参考にして下さい。

ヒラメが絶対釣れるメタルジグ THE BEST
ショアヒラメで絶対釣れるといえるメタルジグとその特性について説明しています。

今回はここまでにしたいと思います。
どうもありがとうございましたm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました