ヒラメが絶対釣れるメタルジグ THE BEST

ヒラメ釣りアイテム
ヒラメ用メタルジグ
この記事は約15分で読めます。

もんもたろうが今まで数千回キャストしてきた数々のメタルジグの中から、サーフでのヒラメ釣りで確実に使えるものを厳選してご紹介します。
ジグの特長を把握し性能を引き出せれば、必ずやヒラメを釣ることができるようになります。
もんもたろうの主観での評価となりますが、ご参考ください。

スポンサーリンク

サーフでヒラメが釣れるメタルジグ

以下の表はスピンビーム32gを10点として相対評価しています。
もんもたろうの個人的見解となりますが、ご参考頂ければと思います。

メーカー品名重さ飛距離浮上り底取りアピール力引き抵抗
シマノスピンビーム32g1010101010
デュオフリッパー32g9.511111010
バディーワークスオフベイト30g91210810
ジャクソン飛び過ぎダニエル30g10101011(40gは12)8
imaサンティス33g8.5911119
  • 飛距離:点数が高い程、飛んでいく。
  • 浮上り:点数が高い程、引いてきたときに浮き上がり易い。
  • 底取り:点数が高い程、ジグの着底がわかり易い。
  • アピール力:点数が高い程、激しく動く。
  • 引き抵抗:点数が高い程、引いてくる時の抵抗が小さい(疲れにくい)。

シマノ/熱砂 スピンビーム

スピンビーム形状と水中動画

【熱砂】スピンビーム32g 水中動画

基本性能

スピン
ビーム
スピン
ビームTG
寸法67mm68mm
重さ32g42g
重心後方後方
定価1,400円1,800円
  • サーフヒラメを代表するメタルジグと言えばスピンビームです。バランスの良い性能で実績も十分です。後方重心のため抜群の飛距離を出すことができ、底取りも良いため多少の悪天候でも問題なく使用できます。基本アクションはストップ&ゴーのみでOKでゆっくり引いてきてもテールを振ってよく泳ぎます。サーフのヒラメ釣りで必ず1つは持っておきたいルアーです。
  • スピンビームTGはタングステンを採用していることで大きさを変えずに重量を42gまでUPさせています。半端じゃなく飛んでいく半面、重くなった分浮上りずらくなるデメリットがあります。

DUO(デュオ)/ビーチウォーカー フリッパー

フリッパー形状と水中動画

ビーチウォーカーシリーズ 水中映像&徹底解説 堀田光哉

基本性能

フリッパーフリッパーZ
寸法70,80mm85,87mm
重さ32,40g36,42g
重心後方後方
定価1,500円1,500円
  • スピンビームと双璧をなすヒラメ用メタルジグといえばフリッパーです。飛距離はスピンビームと同等ですが、フロントのアイが顎の下に付いていることで底切り(浮上り開始が速い)が良いのが特長です。底取りもスピンビームよりも僅かですが良いと感じます。
  • 基本は32gを使用しましょう。飛距離が必要な場合は40gを使います。フリッパーZは亜鉛採用により大きさの割に軽いため、よりスローに誘うことができます。但し、表面積が広くなっているためフリッパーよりも飛距離は劣る印象です。

バディーワークス/オフベイト

オフベイト形状と水中動画

水中動画は現在メーカーにて準備中

基本性能

オフベイト
寸法68mm
重さ30g , 40g
重心センター
定価980円 , 1050円
  • 開発コンセプトはシンペンのようにスローに誘えるメタルジグです。重心がセンターとなっているためスローリトリーブでユラユラとゆっくりアクションさせることができます。遠投性能はスピンビームと比べて若干劣る印象でしたが、浮上り易いため遠浅サーフに最適です
  • バディーワークス代表の佐々木さんが北海道遠征で遠浅サーフである豊津海岸に来られた際も70upのヒラメを掛けていますので実績十分です。
  • 特長であるユラユラアクションを最大限活かすため、基本は30gを使用しましょう。着底後の浮上りは比較的早いため、巻き回数は少なめでリトリーブスピードは遅めします。

ジャクソン/飛び過ぎダニエル

飛び過ぎダニエル形状と水中動画

飛び過ぎダニエル30g
飛距離NO1!新機軸の異次元ルアー【飛び過ぎダニエル】【ジャクソン】
飛び過ぎダニエル30g動画
飛び過ぎダニエル40g
ルアー水中アクション動画【飛び過ぎダニエル40g】
飛び過ぎダニエル40g動画

基本性能

飛び過ぎダニエル
寸法80mm,83mm
重さ30g , 40g
重心後方
定価1100円 , 1250円
  • 超後方重心設計ということだけのことはあり、遠投性能は優れています。このルアーの最大の特長はそのアクションです。30gと40gがラインナップされていますが、それぞれアクションは別物です。
  • 30gはスローリトリーブで独特なピッチで幅広く尻尾を振るワイドウォブンロールアクションでアピールします。ただ、アクションが大きいためリトリーブするとブルブルと強い抵抗があり使い続けると人によっては疲れやすいかもしれません。
  • 40gは尻尾にプレートが追加されさらにアピール力が向上しています。水中動画をみて頂ければわかりますが、スローリトリーブでのアピール力は秀でています。スレているヒラメには強すぎるアピール力ですが、活性の高いヒラメには効果てき面です
  • 青物も想定しているため、アシストフックが上に付いており、ヒラメ狙いでは不適ですが、トレブルフックの付いた尻下がりで泳ぐためバラすリスクは小さいと思います。

ima/Santis(サンティス)

サンティス形状と水中動画

ima NEW PRODUCT SANTIS 33(サンティス 33) PRODUCT MOVIE

基本性能

Santis33,40
寸法72mm,76mm
重さ33g , 40g
重心後方
定価1350円 , 1400円
  • サンティスはスプーンの要素も含んでいるジグスプーンです。スローなただ巻きでローリングとスラロームアクションを同時に実現しており独特なアピールをするジグです。他のジグで反応がないときに試すとヒラメのよい反応が得られることがあります。
  • スピンビームやフリッパーよりも沈みが速い印象です。よって、遠浅サーフよりも少し深めのサーフでの使用をおすすめします。
  • ブレードは標準装備されていますが、脱着可能であり別売りのラバーもあります。

ご紹介したルアーはいずれも名の知れたヒラメルアーですが、重要なことはそのルアーの特長を把握し、その特長を最大限活かせるように使っていくことです。

皆さんの釣果に貢献できれば幸いです。
今回はここまでです。
どうもありがとうございましたm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました